はじめで失敗しない

皆さんのお宅はリフォームをしたことはあるでしょうか?
木造住宅であれば20年は持ちますが、リフォーム時期を計画的に定めることで費用を大幅に下げることができます。
外壁、屋根、屋内など、各部分によって工事する周期は異なりますが、なるべくそれらを同時に行うことで、時間とお金を節約することができるのです。
おおよそ5年単位のスパンでリフォームを行うと、違う部位をひとまとめに直すことができます。

逆に、リフォーム費用を惜しんで、工事を先延ばしにしてしまうと、無駄な費用がかかってしまうこともあります。
例えば、劣化が激しかったりすると、普通の工事ではなく特殊な工事を行わなければいけなくなったりもします。
つまり、こまめに修繕を行っていないと、思わぬところでリフォームが必要になってしまうのです。

このように計画的なリフォームを行うことが理想ですが、現実にはそううまくいかないものです。
その要因の一つに、悪質なリフォーム業者の存在があります。
彼らに無駄な工事を勧められたり、欠陥だらけの工事を行われてしまったりといった被害例は多く報告されています。

また業者自身は悪意でやったわけではないけれども、契約時の認識のズレなどから工事が思うようなものでなかったり、最終的な工事費用が見積もり費用よりも高いといったことが起きてしまうのです。

私たちが暮らす家は安全なものでなければいけません。
そのためにはリフォームが必要ですが、その費用は簡単に捻出できるものではありません。
この大きな買い物で失敗をしないためにはどういったことに気を付ければよいのでしょうか?

TOPへ戻る