リフォーム後にすべきこと

工事後のチェックを忘れずに

業者の見極めが重要だと頭では分かりながらも、業者の悪質な手口にはまってしまうことは充分あり得ます。
ですから工事が完了した後に、リフォームがしっかり行われたかどうかをチェックしておくことが必要となります。

リフォームが終わったら、その完了検査を行うことは必須といってよいでしょう。
これはリフォームがミスなく行われたかどうか、居住者と工事の責任者が一緒にチェックしていくものです。
ここで欠陥が見つかれば、その修理計画を立てることになります。

また自分で確認できるか不安だという方は、リフォーム瑕疵保険に加入するとよいでしょう。
これは第三者である専門家によるチェックを受けることができます。
表面上では欠陥が分からないこともあるので、専門家の視点はきっと役に立つはずです。

工事を遅れさせないために

またリフォームのトラブルで多いのが、工期の遅れです。
外壁などのリフォームであれば、そのまま自宅で過ごせるでしょうからあまり問題はないでしょう。
問題となるのは、リフォーム中に他の場所に移っていた場合に、借りている住まいの家賃が発生してしまう場合です。

工期の遅れは、工事上のトラブルや自然災害などやむを得ないものもあります。
重要なのは工程表を逐一確認するということです。
その日の工程が完了したか、完了していないのならばどのように進度を調節するのかといったことを、できれば毎日確認するとよいでしょう。
また、そもそもその工事が工程通りに行うことが可能なのかといったことも、契約締結時に確認しておくことも必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る